Calendar
<< April 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
category
Archives
search this site.
contents
Official web site

500年間隔地震

2月3日 金曜日

みなさんこんばんは。磯田です
今日も-17℃くらいでしたね

先ほど
消防の講習会に参加してきましたが
津波の勉強もしてきました。


『500年間隔地震』なるもの

初めて聞いたのですが、知ってますか??


東北の伊達正宗さんが45歳の時
1611年に3.11規模の津波が来たそうです。

死者3,000人、家はほとんど流されたと記録。

震源は三陸沖
いままではそう考えられていたそうですが。。

地震自体は震度4程度で、、
津波が来たのは2~4時間後とのこと。


津波到達時間が遅すぎる・・・


そこで北大の先生が北海道の地層を調査してみたところ
えりも岬周辺では高さ20mクラスの津波地層

北方領土から太平洋沿岸に
1500kmの範囲で痕跡が見つかったそうです。


我が町、門別本町でも調査してくれたらしく
内陸1km以上は津波が来た地層が見つかったとのことです。
きっと10mクラスの津波でしょうか?


沙流川では高さ10mの位置に地層を確認したとか。



アイヌの記録にも1611年の記録があり、
シノダイ岬から逃げた先住民が、富川駅の裏手の山に登ったが
波に流されてしまったという事。

また、平取町荷菜では、
津波の引き波の後に、魚のカレイがたくさん残っていたとの伝説から
ニナになったと言います。(アイヌ語的に)



その慶長地震から401年

震源は北方領土から襟裳岬。

いつも350年から550年くらいの間隔で

津波の地層がでるらしいです



とにかく、すぐに逃げましょう!!!!

comments(2) , trackbacks(0), この記事を編集する

日高町から・・・

2月2日 木曜日

皆さんおはよう御座います。磯田です


先月の出来事になりますが


教育振興のため、

中学校施設整備に多大なる貢献とのことで

日高町から感謝状を頂戴しました!

RIMG0380.JPG

門別中学校の生徒さんが

グラウンドでの運動や野球の練習で

快適な野外活動の助けになることを願っています。

RIMG0247.JPG

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

門別中学校へダックアウト寄贈

1月17日 火曜日

寒いです。-15℃以下です、きっと。
皆さんこんばんは、磯田です

水道凍結が多発しております。
水道管が破裂すると、壁を剥がしたり
天井を剥がしたりと大変です。

暖房、電気ストーブ等を設置して凍結防止しましょう


そんな中、門別中学校様へ社会貢献の一環で
ダックアウトを寄贈しました。

ダックアウトとは、
野球グランドにある控室で
野球の攻撃中はダックアウトのベンチに座り打順を待ちます。


横から一枚

物置ではありませんよ

ダックアウトです

奥の建物が門別中学校の体育館に校舎
RIMG0245.JPG


ななめから一枚

可動式ダックアウトは鉄骨製

工場であらかじめ加工・溶接・塗装し

現場で組み立て・溶接・壁下地材を取り付け
RIMG0247.JPG


正面から一枚

間口は5.8m

サッカーゴールより少し小さいですが

ベンチには18名ほど座れそうなスペース
RIMG0244.JPG


最後は記念写真

生徒さんと一緒に、眩しそうにパシャ

中央の太い緑ジャンバーが私です。
RIMG0251.JPG

お世話になった門別中学校の生徒さんに先生方
よろこんで頂けたようで、嬉しいです。

末長くダックアウトを御利用下さい。

またまた、こちらの可動式ダックアウト

通信販売も可能です。

製作に1ヶ月ほど、かかりますが
道外への運送も可能です。

野球関係の方、御相談下さい。
価格は735,000円(送料別)予定

TEL 01456-2-1137 
FAX 01456-2-3032 
mailは、 info@isoda-kensetsu.co.jp 磯田 勇まで

comments(5) , trackbacks(0), この記事を編集する

エナジーパーク

1月14日 土曜日

皆さんこんばんは。磯田です
あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。

昨年は大変な一年でしたね。
東日本大震災、原発事故、円高、欧州債務危機、タイの洪水など、まさに
「想定外」な事態がずっと続き、経済的にもいいことがなかった一年でした。

更に今年は中東の情勢不安があり
イランがホルムズ海峡という海を封鎖したら
アメリカと戦争になり、

日本に来る原油の8割が供給ストップになるそうで・・・
オイルショックが起こるかもしれません。


そしてまたガソリンが200円/Lになって
灯油も100円/L超えすることになるかもしれませんね、、、


新年早々、暗い話ばかりになってしまいましたが、それでもまだ日本のGDPは
約500兆円
近くもあって、日本の上場企業は黒字決算を続けています。


時代は各社太陽光発電を開発し
価格もこれから量産が広がれば下がる一方になりそうです。

既に本州の屋根には太陽光発電が
新築住宅には多く付いているようでして
シャープ、キョーセラ、パナソニックが
競い合っております。

世界的には中国のサンテック社がNo1の生産力を誇り
日本は世界の生産数の2割ほどでしょう。


その太陽光パネル・・・
滋賀のパナソニック工場へ視察に行きました。
下の写真は加西エナジーパーク
RIMG0231.JPG
丸い屋根は電気自動車用の充電機があり
街灯照明にもLED照明+太陽光発電が

このビルには1,000kwのパネルが屋根は壁に設置されており
その枚数は5,000枚とのこと。
1枚10万円としても、5億円の太陽光パネルが設置されており
架台等の工事費を入れるときっと10億円の資金が投入されているでしょう。


そして蓄電棟には数百台の蓄電池が設置され
太陽光パネルで作った電気を溜めていまが、当日は曇りのため
5,000枚のパネルでもほとんど発電していませんでした・・・


一泊して2日目
パナソニックの創業者 松下幸之介記念館へ
RIMG0243.JPG

自宅の押し入れで開発・生産した二股ソケットが売れて
電気の時代にたくさんの商品を開発したようです。

広告へ対するこだわりも強く
昔の新聞が展示されてました
RIMG0238.JPG

その昔、松下さんは
札幌の眼鏡屋さんに眼鏡が似合ってないと手紙をもらい
海外で日本人が馬鹿にされないように、自分に合った眼鏡を作るように
言われたようです。
RIMG0237.JPG

それ以来、松下さんの眼鏡は札幌の眼鏡屋さんで
作っていたようですよ。

滋賀のパネル生産工場を視察し
写真は撮れませんでしたが、パナソニックのHITの製造ラインを見学

1枚のパネルで0.23kwを発電します。
10枚で2.3kw
15枚で3.45kw。
JIS規格の検査では、+-10%の誤差は許されているので
他社メーカーでは0.21kwでも出荷されますが、
パナソニックのHITでは0.23以上しか出荷しないとのこと。

つまり0.24kwの太陽光パネルが15枚でも(通常3.6kw)
3.15kwまでの誤差があるのです。

太陽光設置の際には、参考にして下さいね

comments(1) , trackbacks(0), この記事を編集する

大晦日 2011

12月31日

皆さんこんばんは。磯田です
2011年も大晦日を迎えました

今年も一年、大変お世話になりました!


たくさんのお客様に支えられ

今年は大変忙しくさせてもらいました。

お陰さまで日高町での注文住宅新築棟数No1

私どもを支持して頂いたお客様方のお陰です!!

また来年も宜しくお願い申し上げます。

また

モデルハウス開催時にはお立ち寄り、ご見学下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年最後ブログに
先日完成したA様の厩舎を御紹介します。

新築した厩舎は9馬房です
枠場と洗い場完備
RIMG0100.JPG

馬房の建具には全て亜鉛メッキ製の金属を使用し
錆に強い仕様にしてます。
RIMG0040.JPG

洗い場と流し台に
収納棚を完備
RIMG0099.JPG

枠場といいます
馬の治療に使います

太い鉄骨製で、基礎に埋め込んであり
最後にゴムを貼って保護しました
RIMG0053.JPG

木の羽目板がスッキリ
金属製外壁との相性も抜群ですね
RIMG0068.JPG

この厩舎でたくさんの若駒が産れます

JRAで走る馬ばかりです
元気に産まれてくれるよう願っております。
ありがとうございました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

来年も注文住宅を中心に

お客様の大切な資産である住まい創りのお手伝いを
一生懸命頑張ります。

また、札幌や苫小牧のハウスメーカーには
負けない仕様で、

なお且つデザイン性に富み

ハウスメーカーよりもお手頃価格であることをモットーに

お客様のニーズに応えて行きたいと思います。

太陽光発電や、省エネ設備、省エネリフォームなど
すべて対応可能です

公共建築・土木工事で培ったノウハウを生かして
お客様のお役に立ちたいと思います。

来年も 磯田建設株式会社を宜しくお願い致します。

comments(1) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97